So-net無料ブログ作成

08年の平均所得547万円=生活「苦しい」、最高の58%―厚労省調査(時事通信)

 2008年の1世帯当たりの平均所得は前年比1.6%減の547万5000円となり、2年連続で減少したことが20日、厚生労働省の09年国民生活基礎調査で分かった。高齢者ら仕事を持たない人の増加が大きく影響したとみられる。また、生活意識では「苦しい」と答えた人が過去最高の約58%となった。
 調査は09年6〜7月に実施。生活意識などについては4万6605世帯、所得については6763世帯から回答を得た。
 平均所得は1994年のピーク時から116万円以上減り、88年の水準まで戻った。調査によると、1世帯平均で仕事を持つ人は1.31人、仕事を持つ人1人当たりの平均所得は321万6000円で、過去最低だった前年を2.7%上回っている。
 さらに、09年6月時点の生活意識について聞いたところ、24.9%が「大変苦しい」、33.2%が「やや苦しい」と回答した。
 また、65歳以上の高齢者のみか、高齢者と児童(18歳未満の未婚者)で構成する「高齢者世帯」は20.0%で、初めて全世帯の2割に達した。 

【関連ニュース】
全国で約1900事業所が無資格=加入状況を都に報告
調査段階で販売自粛要請=チェーン店の広域食中毒対策
給与総額、22カ月ぶりプラス=残業増加で-3月厚労省調査
「水際対策、見直し遅かった」=検疫担当者ら指摘
スプリンクラー設置は半数以下=グループホーム火災で全国調査

「いつか宇宙へ戻りたい」 宇宙飛行士の山崎さん帰国会見(産経新聞)
急速な円高けん制=「市場の動き注視」―菅財務相(時事通信)
口蹄疫 種牛49頭の救済要請 農水省、結論示さず(産経新聞)
強制殺処分は立法必要=口蹄疫対策で―鳩山首相(時事通信)
支持率低いのはマスコミのせい 菅発言が示す「政権末期症状」(J-CASTニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。